「hdd認識しない」と困ったら業者に連絡!そのトラブルが即解決

コンピュータのトラブル

ハードディスク

コンピューターを利用している場合には、そのデータを保管する装置としてハードディスクが使われています。ハードディスクはhddとも呼ばれ、家庭用から企業までさまざまな場面で安価な記録補助装置として使われていますが、hddは消耗品でもあることに留意する必要があります。hddは磁性体を塗布した円盤を高速回転させて、磁気ヘッドによってデータの読み書きを行っています。このためフラッシュメモリーとは異なり、使用中は絶えず駆動している状態になります。このためhddは熱を持ちやすく、また物理的な衝撃にも弱いので、寿命は5年から10年程度とされています。しかし、実際の寿命を待たずに、いきなりhdd認識しない事態に陥る可能性があります。

hdd認識しない場合には、その原因を探る必要があります。しかし、素人が原因を探ったり、修理を行う場合にはリスクが高すぎます。特に企業にとっては大事なデータが保管されていることもあって、hdd認識しない場合には無理に直そうとはせずに専門業者に依頼するのが無難です。一方でhdd認識しない原因は論理的理由と物理的理由の2種類があります。論理的なものとしてはhdd本体に問題は発生しておらず、それらに接続するOSに原因があるケースや、何らかの理由でhdd内のアドレスが失われたケースです。この場合にはソフトウェアによる操作で復旧させることが可能です。物理的な理由としては、hdd内部の部品が正常に作動しなくなった場合です。この場合には部品交換などを行えばデータの救出が可能なケースもあります。故障したhddを修理してくれる専門業者では、正常に作動しなくなったものでも修理してもらえるため、確実に直したいのであれば、依頼してみるとよいでしょう。しかし、業者によっても修理にかかる費用は異なるため、まずは事前に複数の業者に費用の見積もりをしてもらい、比較しながら選ぶのが得策です。

障害と機械の種類で異なる

笑顔の女性

ハードディスクのトラブルには物理障害と論理障害があり、素人でも論理障害の対応はできます。しかし物理障害のデータ復元は不可能です。業者を選ぶときには、パソコンや、いろいろなタイプのサーバに対応してくれるところを選びましょう。

More Detail

業者で復旧成功率が異なる

スーツの男性

データ復旧は一般の人が利用するだけでなく、官公庁であったり大企業などが利用しています。すべてのデータを戻してもらえるわけではないですが、事前に復旧可能データなどを知らせてもらうことができるので、かく人はできます。

More Detail

創作活動にも活用できます

ネット

大容量のデータやファイル・画像などをWEB上に保管することができるオンラインストレージサービスは、ビジネスを効率よく進めるには最適のツールになります。また工夫しだいにおいてはその活用方法は無限に広がっていきます。

More Detail