業者で復旧成功率が異なる|「hdd認識しない」と困ったら業者に連絡!そのトラブルが即解決

「hdd認識しない」と困ったら業者に連絡!そのトラブルが即解決

業者で復旧成功率が異なる

スーツの男性

官公庁や大企業が利用

コンピュータは企業だけが利用しているわけではありません。公的な機関でも導入が進められています。そして、大事なデータなどがコンピュータで処理されています。企業では、情報が失われれば企業の損益に影響します。公的機関では、国民の生活に影響することもあり、より慎重に扱われないといけません。官公庁のコンピュータに異常が発生することがあり、その場合にはデータ復旧が必要になることもあります。業者が出している広告には、多くの公的な機関や大企業が利用していることが示されています。それだけ多くの公的機関などで利用されていて、問題を解決してきたことがわかります。その状態になったときに、データ復旧を検討したほうが良いかもしれません。

復旧成功率を知っておく

ハードディスクが突然クラッシュすれば、それまで使っていたデータは一切使えなくなります。ソフトが使えないぐらいならよいですが、自分で作ったり加工したりしたデータは戻りません。これが会社にとって重要な情報の場合もあります。データ復旧サービスを利用すると考えてしまうのはすべてのデータが戻るのではないかです。確かに場合によっては戻ることもあります。データ復旧の確率はそれぞれの業者が出していますが、7割から8割ぐらいとも言われています。多くの業者では事前に復旧できるデータのリストなどを出してくれるので、それを見て依頼するかどうかを決めるといいでしょう。目的のデータがあるなら、業者に依頼をすれば戻してもらえます。