障害と機械の種類で異なる|「hdd認識しない」と困ったら業者に連絡!そのトラブルが即解決

「hdd認識しない」と困ったら業者に連絡!そのトラブルが即解決

障害と機械の種類で異なる

笑顔の女性

物理障害と論理障害に対応

ハードディスクが故障して、論理障害の場合は自分でも多少はデータ復元をする可能性が残っています。この応対は、パソコン内にデータはあるが、プログラムの状態などで見ることができないだけです。うまく探し出すソフトなどを利用すれば、素人でも可能です。物理障害は、ハードディスクに傷がついたり、ハードディスクの部品が破損したりして正常に動かない状態です。ハードディスクは非常に細かい機械なので、素人が修理をするのはまず無理です。ですから、データ復元は業者に依頼するしかありません。日ごろ使っているときから異音がしていたり、故障する前に落としていたりすると、物理障害の可能性があります。業者では、どちらでも対応してくれます。

パソコンからサーバ

ハードディスクにデータを保存する仕組みとしては、一般社員ならパソコンを使うでしょう。そして、データを管理する人であれば、サーバにアクセスするかもしれません。どちらもハードディスクを使っているので故障する可能性があり、その時にはデータ復元が必要になります。業者を選ぶとき、どのデータに対応しているかで業者を選択しないといけません。パソコンのみ、所定のOSのみとなっているところもありますし、サーバのデータ復元に対応してくれるところもあります。サーバの場合、RAIDによっても対応方法が異なります。どのレベルに対応してくれ、どのレベルだと難しいとしているところもあります。より多くのタイプに対応してくれるところの方が良いといえます。